「お客様に会うとき、どんな服をきたらいいの?」正解はコレ!

お悩み相談

【元・予約でいっぱいの♡嬢】カウンセラーの朱実です。

お店で制服が決まっていなかったり、貸し出しのお洋服がない時、

女の子はお仕事の時の服を用意しないといけません。

あなたは、お客様のところにいくとき、

どんなかっこうをしたらいいか、迷ってしまう事はありませんか?

とくに、この業界が初めてだと、よけいに

「どんなかっこうをしたらいいのかしら」と、悩んでしまう事も多いかな?と思います。

今回は、わたしが現役の時に気を付けていた「服装」についてお伝えしますね^^

お店の女の子だけじゃなく、

「今から紹介してもらった男性と、初めて会うの。

彼は、私をまだ写真でしか知らないから、どんな格好していこうかな」

って女の子にも、参考になりますよ^^

男性を喜ばせるファッション・服装 3つのポイントとは

お客さまでも、彼氏候補の男性でも、

リアルで初めて会う男性に喜んでもらうには、

3つのポイントを押さえれば、OKです!

1.女の子と一目でわかる服装

2.清潔感のある服装

3.前情報(写真)と同じイメージの服装

朱実
朱実

では、くわしくお伝えしますね!

女の子とわかる服装

「女の子って、どんな服きててもオンナノコって、わかるやん?」

って思われるかもしれませんが、

女の子から見たら、

女の子は、カンペキすぎる男装でないかぎり、どんな服装でも「女の子」に見えるんです。

ダボダボTシャツに、ジーンズを身に着けていても、女の子に間違いありません。

ですが、男性から見たら

「ダボダボTとジーンズは、ダンシの服装とまあいっしょやん」

「服装が男性と似ていたら、男性にちかいもの」

って、思うんです。

女性に会いに来るので、やはり女性らしさを感じてもらうに越したことはありません。

お店によっては、スカート強制のところもありますが、

同じスカートでも、女らしいデザインもあれば、スポーティなものもあります。

まよったらスカート、まよったらワンピースです。

女性らしさ満点の服を着るとジンマシンがでてしまう!という体質でなければ、

シャープなデザインより、やわらかいデザインのものを着てみましょう。

自分に似合わないものを無理に着るのがあまりにも苦痛だ・・・という場合には、

ほんとにシカタがないですが、

自分に似合うものを優先しても大丈夫です。

苦痛すぎて気分が落ち込んだり、具合が悪くなるくらいなら、機嫌よく仕事ができたほうがいいです。

ただ、お客様からパネルや初対面時、よい印象を持ってもらえないケースが多いため、

スタートダッシュはききにくいです。

あと、お客様にそれとなくリサーチした結果、

ダントツで人気のないファッションがありました!

それは・・・「レギンス」・・・です。

(カッコ内、反転させると表示されます)

どんなにあなたが、このファッションが大好きでも、

男性、とくに風俗に来られる男性は、これを目にすると、ほとんどの方がガッカリを隠せません。

本指名だらけになるまでは、お客様の前に行くときは避けたほうが無難です。

清潔感のある服装

お相手は「かわいい素敵なオンナノコ」を期待していますので、

シワシワ・毛玉だらけ・汚れ・・・となると、やっぱり・・・

男性は「この子は、服装に構わない女の子なのかな?」って感じてしまいます。

そこそこ、こぎれいにしておいて損はありません。

また、ここは【待ち合わせ型】のお店での重要なポイントになりますが、

お客様は「一緒に歩いて恥ずかしくない」服装を好みます。

かんたんにいうと、

「派手でない」「露出がはげしくない」

ものです。

とくに、明るい時間帯での待ち合わせでは、

一目見て「風俗嬢だ」とわかるような服装は、控えましょう。

やたら露出が多かったり、ヨレヨレだったり、

さっき脱いで着てきたみたいな、妙なシワがついていたりは、

よくありません。

洋服の値段は男性にはそれほどわかりませんので、

プチプラでも傷んでいないものを着ることをオススメします。

また、30代以上の女性のお店向けのお話しになりますが、

網タイツは外でははかず、お客様と二人だけの時にしましょう。

柄タイツも、男性から見たら「そんなにステキだと感じません」。

タイツを穿くなら、無地で、奇抜でない色、薄手で肌が透けるものです。

肌色のストッキングをはいておけば間違いはありません。

熟女店・人妻店を選ぶお客様は、

「品の良い、ちょっといいところの奥さん」にロマンを求めておられます。

上品な奥さまは、ミニスカ網タイツではないはず!

露出しすぎて、お客様のロマンをたたきこわさないようにしましょう。

お店だろうが、オフ会だろうが、

アプリで初めて会うのであろうが、

基本は、「デートするとき」の服装を心がけましょう。

前情報(写真)と同じイメージの服装

風俗では、とくに初対面・新規のお客様には大事なポイントかとおもいます。

お客様は、「誰が来てもいいよ!」っていう完全にフリーの方を除き、

インターネットで女の子の姿を想像したり、日記を読んで性格を想像したりして、

ワクワクドキドキしながら、指名をしてきます。

むしろ、電話をしてから女の子が来るまでが一番楽しいなんて方もいらっしゃいます。

見た目については、「パネル写真」を基準にしてくるので、

そこから落差が産まれないようにしましょう。

むしろ、在籍1日目の場合、パネル写真と同じ服装でお伺いしてもいいくらいです。

「想像していたとおりの女の子が来た!」

これだけで、評価爆上がりです。

想像していた以上にお客様のタイプだったら・・・

心の中でガッツポーズしてくださいますよ^^

逆に・・・パネルでピンクのふんわりかわいらしい服装をあなたがしていたとして、

お客様がご新規でいらっしゃった場合、

その日のあなたの服装が「原色系で、ぴったりセクシーな感じ」

だったという場合。

お客様には「あ、ちがう。期待してたのと違う」って思われます。

最悪の場合、

「別人よこしてきたのか。あの写真の子はいないのか」(振り替えと言います)

と思われます。

何回もリピートしてくださるお客様に、ギャップを演出したいときはOKですが、

初対面時に、ムダなギャップ悪い意味で期待を裏切ることはいりません。

お客様の、直前までの期待・想像にこたえることで、

リピート率がアップしますよ!

タイトルとURLをコピーしました