【♡嬢】ああクサイ・・・けど言えない。体臭がキツイお客様。この苦痛をどうしたらいい?

お悩み相談

こんにちは^^

今日は、メンエスで働いている女性から、こんなご質問を頂きました。

どの業種でも避けて通れない、そして、多くのキャストさんが「我慢する」しか対策のない、このご質問です・・・!

セラピストの<br>姫ちゃん
セラピストの
姫ちゃん

こんにちは!

わたしはメンエスでセラピストをしています。

ヘルス・ソープ・・・などの業種と、

ソフトサービスの施術では内容違うとは思いますが、

足やお股周りが臭うお客様がたまにいます。

サービス前には、必ずシャワー浴びてもらうのが決まりなので、

ちゃんと洗っていただいているはずなのですが・・・・

におうものはにおいます・・・💦

そんな時の、自分のマインドコントロールは、

どうしたら良いでしょうか?

朱実
朱実

アハハハハハ💦

・・・

イヤ、ごめんごめん、笑っちゃいけません。

「自分のマインドコントロール」という、

パワーワードにちょっと吹き出してしまいましたが、

実際、お客様の体臭は、

「自分のマインドコントロールでどうにかする!」

(=気合で乗り切り我慢する)

しか、対策が思いつかないものです💦

まず、風俗であれば、ほとんどの業種では、事前にシャワーまたはお風呂で清潔にしていただくことが前提です。

(ピンサロは、シャワーとかがないので、おしぼりになっちゃうよね)

ヘルスやソープだったら、お客様と一緒に入れますので、

お客様の洗い方が粗相だったら、一緒に入ったとき洗って差し上げたり、

体臭がスゴすぎる場合には、自腹にはなりますが、「デオドラント用のボディーソープ」などで対策をすることができます。

ですが、ソフトサービス系だと、

セラピスト・キャストとお客様は別々でシャワーするか、

お客さまだけが事前にしておくか、なので、

「シャワーできれいにしてくれてるはず

と想像し、お客様を信じるしかないのです。

ちゃんと洗った?ほんとに洗った?

とか、聞けないですよね。

お客様の体臭への対策は?

可能な対策としては、今回姫ちゃんが教えてくれたものを含めて、このようなものがあります。

マインドコントロール(考え方)で対処

実際に臭うものを、「いいニオイ」と感じることは、鼻の構造上不可能です。

そのため、臭っていることを意識しないようにするか、臭っていることを感じないようにするように、考え方を変える方法です。

全くの精神論ですが

「クサイと感じる」ことから考えを離すために、

・仕事が終わった後のご褒美のことを考える

・何をしたらこんなに臭うのか、本人はどうして何も感じないのか、に思いをはせる

・臭いを感じない呼吸方法を編み出す(口呼吸をするなど)

・・・とはいえ、これはなかなか、苦痛です。

臭いの発生源を覆う

メンエスだと、いろいろとマッサージをするため、タオルなどをたくさん使うと思われます。

タオルで臭いの気になるところを覆うなど。

また、汗をかくと臭う、と言う方も多いので、

こまめに濡らしたタオルや、ウエットティッシュなどで拭いて施術するのがいいかなと思います。

わたしもよく、

こっそり濡らしたハンドタオルを持ってて、

バレないように拭いたりしてました。

除菌シートは薬剤が心配・・

濡れたタオルは、けっこう万能です

臭いを完全に消し去る方法は・・・

残念ながら、完全に消臭する方法はありません。

体臭は、汗をかいたり、新陳代謝がある以上、多少は残ります。

また、ストレスや加齢、食生活や持病などでも、体臭はあるものです。

マインドコントロールに近い方法になりますが、

臭っているお客様は、わたしの経験上、体調や生活習慣の影響が出ていることが多いです。

「最近お仕事忙しいんです?」

「ストレスのかかるお仕事されてるんです?」などの仕事への気遣いや、

「昨日どんなものを食べました?」

など食生活について聞いてみるなどしてみるのもいいですね。

とくに、本指名のお客さまでしたら、すでにあなたのことが気に入っています。

男性は、気に入っている女性からは嫌われたくないものなので、

「体臭があることに、それとなく気づいてもらう」ような話を振るのも有効です。

全然シャワーをしてくれないなどの、

迷惑行為をされるお客様については、

NGにするのもやむなしです。

この仕事をしている以上、

体臭だけではNGにしづらいものです。

ですが、セラピスト・キャストはたくさんのお客様に接していて、

それでも耐えきれないニオイ・・・であれば、

相当ひどいはずなので、お店からお客様に伝えてもらうのも一手です。

※一つだけ謝っておきます💦
わたしは子供のころ頭を強打したせいかどうかは不明ですが、いいニオイは判別できても、くさいにおいが人より感じづらい、都合のいい「嗅覚異常」があります。
ですが、ほんとうに臭かった時、「濡れタオル」には助けられましたので、まだ未経験の方は試してみてくださいね^^

【PR】
タイトルとURLをコピーしました